活動日誌−服部こうき

【18.09.04】乗合タクシー制度の事前登録説明会 市の広報が悪く参加状況は低調

説明会が台風で2度も延期に追い込まれた

台風21号が接近中。
予報通り、中心が大阪湾を通るようだ。
台風の東側(右側)が影響が大きく、台風の速度が早いため風がその分、強くなるようだ。
くれぐれも注意を怠らないようにしたい。

さて、乗合タクシー制度の導入だが、8月20日から各地区コミュニティセンターなどで事前登録説明会が開かれているが、先日の台風20号で野村と城西での説明会が延期になったのに続き、今日は天神・和賀地区コミュニティセンターと関町ふれあい交流センターでの説明会が11日に延期となった。

この乗合タクシーは10月実施で進めているのに、天候にも協力してもらえないようだ。

全体で説明会が終わったのは半分を超えたが、8月末現在で合計の参加者が289人、そのうち登録を済ませたのが140人となっている

この間の説明会の会場別の参加者数は、一桁台という所も結構あり全体として低調だ。

西小学校区は特に低調で、御幸0人、城東1人、城北4人となっている。
参加者が突出して多いのは、昼生の73人(うち登録は54人)。
これは市がインターネットなどでしか対象者にお知らせしていない中で、まち協の人が独自にチラシを作り配布したことによるものだ。
野村の説明会が台風の接近で直前に中止になったが、中止の連絡が全く行き届かずに高齢の方が台風の中をコミュニティセンターまで来られたという事態も起きている。
市の広報に問題があるのは明らかだろう。

全体で説明会が終わったのは半分を超えたが、8月末現在で合計の参加者が289人、そのうち登録を済ませたのが140人となっている。

説明会は20日まで続くがこんなスケジュールと参加状況では、常識的に考えれば10月実施などできるはずがない。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)