福沢 美由紀 (みゆき)

略歴

  • 1964年 兵庫県尼崎市に生まれる。父の転勤で三重に移り住む。松阪市立第四小学校、松阪市立西部中学校、県立宇治山田高校を卒業。
  • 1986年 国立津病院付属看護学校卒業後、国立療養所三重病院に入り、小児科、整形外科で勤務。1994年退職。その後子育てをしながら自己注射のインストラクターや訪問入浴介護サービスなどの仕事をする。
  • 2000年 日本共産党に入党。


  • 2006年10月 小川久子議員の引退にともない、市議会選挙に立候補。地元をはじめ多くの方々に支えられ当選。一、二年目は教育民生委員会に所属。三年目、総務委員会副委員長、鈴鹿亀山地区広域連合議会議員。
  • 2010年10月 二度目の当選、現在二期目。
    2012年11月から鈴鹿亀山地区広域連合議会副議長。
    2013年11月から教育民生委員会委員長。

    (写真は、前議員の小川久子さんと)

  • 「豊かな中学校給食を実現させる会」世話人
  • 昼生小学校区放課後児童クラブ「遊友クラブ」運営委員
  • コーラスアンサンブル「ミルフィーユ」代表
  • NPO「廃棄物問題ネットワーク三重」理事
  • 下庄町に住み、家族は夫と3人の子ども

自然が好き

「亀山に住もう」と決めた一番の理由は、美しい自然です。田んぼや里山が美しく、「子育てするならこんなところがいい」と心から思いました。子どもとの散歩で出会った草花や木の実を図鑑で調べるのは楽しい日課でした。 (写真は、美しい亀山の自然の中で)

本が好き

小さな頃から本が好きで、小学校では「いつも図書室におるなあ」といわれていました。大人になってからは絵本のすばらしさに目覚め、本屋通いをしました。子どもが小さい頃は、じっくり読んでもいられないので、詩集をよく読みました。小学校にあがってからは、学校に本の読み聞かせに行きました。年齢を経るごとに、読書ライフはかわるようです。

人が好き

看護の仕事にたずさわり、その科学的なアプローチとこの仕事の奥の深さに夢中になりました。でも何より、心に残るのは患者さんや病院のスタッフなど様々な人との出会いです。看護の仕事を通じてたくさんのことを教わりました。
(写真は、看護学校の戴帽式)

平和が好き

何で日本共産党なの?−−それは平和を何よりも大切にしている党だからです。母として、看護師として、人として命を粗末にするものは戦争であれ、何であれ許すことができません。子ども達に平和な社会を手渡すため、その後ろ姿を見せるため、3人目の子を身ごもった体で2000年に入党しました。

歌が好き

高校の合唱部に始まり、これまでずーっと歌い続けてきました。1994年にコーラスアンサンブル「ミルフィーユ」という女声グループをつくり、保育園や幼稚園、病院、老人施設などで小さなコンサートを開いています。遠くから聴きに来てくれるお母さんや子ども達のキラキラしたひとみ、なつかしい歌に涙する顔−−歌をやめられない理由です。「わらべうたで子育てを!」というテーマでちょっとした講演会にも取り組んでいます。
「お母さん、いっしょにゆっくり子育てしましょう!」というメッセージを込めて。
(写真は、ミルフィーユの訪問コンサート)

あれっ?と思ったことは黙っていられない性分なんです

全国の80%近く実施されている中学校給食。なのに亀山の実態は…。「そんなのおかしい!」。豊かな中学校給食を実現させる会の立ち上げに参加しました。
また、近所で子どもが「道が狭いで歩いとって、ランドセルにトラックがすっていくことあるんや」といいました。「そんな危ない!」。近所の人に声をかけ、いっしょに通学路の改修を要求しました。服部こうき議員にも協力をしてもらい、3ヶ月ほどで改修が実現しました。
(写真は、三人の子ども達と)

市民の目線でがんばります

以上、2006年の選挙時に出した亀山民報「福沢みゆきの紹介リーフ」より転記しました。あれから議員生活も3年目に入りました。「若いからこそ、女性だからこそ、母親だからこそできることがきっとある」と、走り続けてきました。

市民より寄せられた声、議案等、国政県政を見すえ、すべて「市民のくらしにとってどうなのか?」という「センサー」にかけて、取り組んできたつもりです。この「センサー」の母体は日本国憲法です。
特に『第25条 1、すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。2、国はすべての生活部面について、社会福祉、社会保障、及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない』は外せません。

2の「国は」を「亀山市は」におきかえ、しっかり行政をチェックし、自らも市民生活の向上及び増進のため、がんばっていきたいと思っています。

連絡先

  • 〒519-0133三重県亀山市下庄町113-8
  • TEL 0595−83−2938  FAX 0595−83−5982

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)