市議団の動き−お知らせ

【19.12.18】亀山社保協がタクシー券の更なる継続を求める署名活動へ 党市議団はこの活動に協力します

タクシー券を廃止して移行するという乗合タクシー制度は、市も定着したとは言えない状況です。

タクシー券については、12月議会で櫻井市長が「今年度限りとする」と表明しました。
しかし、タクシー券を廃止して移行するという乗合タクシー制度は、市も定着したとは言えない状況です。
昨年12月議会の決議の「乗合タクシー制度が地域公共交通として十分機能し、市民にとって利用しやすい制度となるよう見直しされ、タクシー券交付の必要性がなくなった後に廃止すべき」という内容から見てもとても廃止できるような状況ではありません。

党市議団はこの署名活動に協力することになりました。
下に署名用紙をつけましたのでご協力いただける方はダウンロードして活用ください。
タクシー券の更なる継続を求める署名用紙

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)