市議団の動き−お知らせ

【17.08.31】9月2日に憲法カフェ(亀山九条の会) 安倍首相の9条に自衛隊を書き込むことについて議論

前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。

改めて憲法九条を紹介します。
第九条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】

1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、 国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
  国の交戦権は、これを認めない。

安倍首相の「自衛隊を書き込む」ことについて憲法学者の青井未帆学習院大学教授は、8月20日の赤旗日曜版で次のように語っています。

日時 9月2日午後1時30分から 青少年研修センター 

『今回めざす改憲で自衛隊を書き込むことになれば、自衛隊の存在が憲法上正当化され、武力行使と戦力保持を禁じた九条1項、2項は法としての力を失います。
自衛隊が海外展開するハードルは極めて低くなるでしょう。』

今度の憲法カフェでは、この問題を議論します。
日時 9月2日(土)午後1時30分から
場所 青少年研修センター 2階
参加費は200円(コーヒー代も含む)で、どなたでも参加できます。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)