活動日誌−服部こうき

【21.09.28】9月議会の閉会日 図書館条例が反対10、賛成7で否決

今回、この条例案が否決されたのは、議会での答弁があまりにもまずく、議員の理解を得られなかったことによる。

今日は9月議会の閉会日で採決が行われ、教育民生委員会で否決された図書館条例が反対10(中島、今岡、尾崎、福沢、岡本、伊藤、前田稔、服部、小坂、櫻井の各議員)、賛成7(草川、森 英、新、豊田、森 美、鈴木、前田 耕の各議員)で否決された。

また委員会で可否同数となった補正予算は、反対8、賛成9の僅差で可決された。
この二つの議案は反対討論だけで賛成討論はなし。

この結果は、本会議、委員会を通じて各議員がしっかりと議論をし、その結論をそのまま賛否に反映させたものだ。
図書館条例は、料金値上げの議案のように市民生活に直結する議案ではなく、もともと公立図書館があればあって当然の条例だ。
今回、この条例案が否決されたのは、議会での答弁があまりにもまずく、議員の理解を得られなかったことによる。

長い議員歴の中で、若い頃には本会議や委員会での議論を聞いていると「この条例は通らないな」という議案がいくつかあった。
ところが最終日の本会議になるといつの間にか異論を唱えていた議員が賛成に回り、可決されるという光景を何度も見てきた。

しかし今回は違った。
色々な働きかけがありながら、議員それぞれが自分の判断で最後まで通したということだ。
その意味では、今回の否決は重みのあるものだと感じている。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

亀山市議会映像インターネット配信 服部こうきのページへ 福沢みゆきのページへ

福沢みゆきフェイスブックページへ

福沢みゆきインスタグラムページへ

福沢みゆき友達申請

RSSフィード(更新情報)