活動日誌−服部こうき

【21.09.24】第5波が下火の今こそ対策を講じる時

PCRが速やかに受けられて早期診断

今朝の私のツイート。
「デルタ株と五輪、双方の影響が重なり、今後は感染が拡大する要素が極めて多い。」と7月末に専門家が指摘。
その通り、第5波が猛威。
そして「12月ごろから少しずつ増え、1月の半ばぐらいをピークとした波(第6波)があると予測。」と専門家。
今こそ、対策を講じる時。
これ以上、自公政権の無為無策は許さない。」

テレビ出演などでおなじみの倉持仁医師のツイート(9月21日)。
「PCRが速やかに受けられて早期診断
家庭内感染しないように速やかに隔離
診断3日以内に治療が受けられる、
その後ホテル療養、
できる環境があれば自宅待機
そして待機中必要時CT、血栓を含め採血
休んだ期間はきちんと手当が出て 復帰後、後遺症のチェック
これができる体制にすれば良いと思います。」

その通りだ。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

亀山市議会映像インターネット配信 服部こうきのページへ 福沢みゆきのページへ

福沢みゆきフェイスブックページへ

福沢みゆきインスタグラムページへ

福沢みゆき友達申請

RSSフィード(更新情報)