活動日誌−服部こうき

【21.09.20】明日から2日間、予算決算委員会  会派を代表して総括質疑

財政調整基金が減少し続けていること、今後税収が増える見込みが少ないこと、さらに亀山市は新庁舎建設やごみ処理施設の更新、学校などの建て替え、リニア駅誘致など多額の予算が伴う事業が目白押し。

明日から2日間、予算決算委員会が開かれ、昨年度の決算を審議する。
私は会派を代表して総括質疑に立ち、予定では21日の午後2時40分から40分間質疑する。
福沢議員は、22日午前9時35分から30分間個別質疑をする予定。
開始時刻はあくまで予定で、早まったり遅くなったりする。
亀山市議会のHPからインターネットで視聴できるのでぜひご覧いただきたい。

一般会計の決算の評価を質すが、決算資料の1つの「主要施策の成果報告書」には「決算の概要」があり、「外部評価結果」がある。
この外部評価では、「財政調整基金の減少が続いていることを指摘し、歳入で市税等の減収が見込まれ、コロナの影響も大いに危惧される中、一層慎重な行財政運営に取り組み、財政調整基金の残高の維持を図る必要があると指摘」している。

さらに「現在策定中の総合計画後期基本計画の事業推進や今後予定される新庁舎整備やリニア駅誘致に備え、多額の投資に耐えられるような財政的な体力を確保する必要を指摘し、財源の確保と実施可能な事業進捗を図ること」を求めている。

財政調整基金が減少し続けていること、今後税収が増える見込みが少ないこと、さらに亀山市は新庁舎建設やごみ処理施設の更新、学校などの建て替え、リニア駅誘致など多額の予算が伴う事業が目白押し。
これにどう対処していくのかが問われている。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

亀山市議会映像インターネット配信 服部こうきのページへ 福沢みゆきのページへ

福沢みゆきフェイスブックページへ

福沢みゆきインスタグラムページへ

福沢みゆき友達申請

RSSフィード(更新情報)