活動日誌−服部こうき

【21.09.03】文部科学省のガイドライン 学校で1人判明でクラス全員検査可能に

これまで狭い範囲の濃厚接触者に限られていた検査対象を、陽性者が出たクラス全員とすることも可能にするなど、検査拡大を求める声が反映されている

文部科学省は8月27日に、学校での児童生徒等や教職員のコロナ感染者が確認された場合の対応ガイドラインを取りまとめ、都道府県などに通知した。

この事務連絡では、「緊急事態宣言対象地域等に指定された状況下において、学校で児童生徒等や教職員の新型コロナウイルスの感染が確認された場合の対応ガイドラインを取りまとめましたので、お知らせします。」とし、「学校において上記´△慮補の速やかな特定が困難な場合は、判明した感染者が 1 人でも、感染状況によっては、原則として当該感染者が属する学級等の全ての者を検査対象の候補とすることが考えられる。」とした点が重要だ。

これは、これまで狭い範囲の濃厚接触者に限られていた検査対象を、陽性者が出たクラス全員とすることも可能にするなど、検査拡大を求める声が反映されている。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

亀山市議会映像インターネット配信 服部こうきのページへ 福沢みゆきのページへ

福沢みゆきフェイスブックページへ

福沢みゆきインスタグラムページへ

福沢みゆき友達申請

RSSフィード(更新情報)