活動日誌−服部こうき

【21.07.21】今日からオリンピックの競技が始まった

緊急事態宣言下の五輪は、むしろ「コロナに打ち勝てなかった証し」ではないのか

今日からオリンピックの競技が始まった。
振り返ってみると、オリンピックを「コロナに打ち勝った証し」と言い始めたのは、安倍前首相。
ところが今や4度目の緊急事態宣言下。
緊急事態宣言下の五輪は、むしろ「コロナに打ち勝てなかった証し」。

以下は7月9日東京新聞の記事。
『五輪を「コロナに打ち勝った証し」と言い始めたのは、安倍晋三前首相だった。
昨年3月16日の先進7カ国(G7)首脳とのテレビ電話会議で、併せて「完全な形で実施したい」と述べ、各国の支持を得たという。

安倍氏は同月23日の参院予算委員会でも「全ての参加国が万全な状態で参加できることが重要だ」「(コロナを)克服した証しとして五輪を開催したい」と述べた。
五輪の1年延期が決まったのは、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話会談した翌24日。同日の会見でも「打ち勝った証しとして」と発言した。
緊急事態宣言下の五輪は、むしろ「コロナに打ち勝てなかった証し」ではないのか。』

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

亀山市議会映像インターネット配信 服部こうきのページへ 福沢みゆきのページへ

福沢みゆきフェイスブックページへ

福沢みゆきインスタグラムページへ

福沢みゆき友達申請

RSSフィード(更新情報)