活動日誌−服部こうき

【20.11.21】参院が衆院に続き、気候非常事態宣言を決議 亀山市の取り組みは?

国挙げ脱炭素社会へ 国会が全会一致で決議

以下は今朝の新聞赤旗の記事。
『 参院本会議は20日、国をあげて地球温暖化対策に取り組む決意を示す「気候非常事態宣言決議」を全会一致で議決しました。
決議は、超党派の議員連盟が準備してきたもの。
発議者には、日本共産党の小池晃書記局長、市田忠義、山下芳生両副委員長が名を連ねています。

 決議では、近年、地球温暖化も要因として、世界各地を記録的な熱波が襲い、大規模な森林火災やハリケーン、洪水が未曽有の被害をもたらしていることを指摘。
日本でも災害級の猛暑や、数十年に1度といわれる台風・豪雨が毎年のように発生し深刻な被害をもたらしていることをあげ、「私たちは『もはや地球温暖化問題は気候変動の域を超えて気候危機の状況に立ち至っている』との認識を世界と共有する」としています。

「国際社会の名誉ある一員として、それにふさわしい取り組みを、国を挙げて実践していくことを決意する。その第一歩として、ここに国民を代表する国会の総意として気候非常事態を宣言する」と表明

 そして、この危機を克服すべく、一日も早い脱炭素社会の実現に向けて、経済社会の再設計・取り組みの抜本的強化を行い、「国際社会の名誉ある一員として、それにふさわしい取り組みを、国を挙げて実践していくことを決意する。その第一歩として、ここに国民を代表する国会の総意として気候非常事態を宣言する」と表明しています。
 衆院本会議でも19日、同決議を議決しています。』

今年の3月議会の一般質問でこの「気候非常事態宣言」を亀山市でもやるように求めた。
櫻井市長は、「本年度と新年度で、この環境政策の根幹をなします環境基本計画改定作業、それから亀山版のSDGsの政策推進の仕組み、こういうものを確立していきたいというふうに考えておりますので、その中で具体的に何を進めていくのかという中に、今の気候非常事態宣言がいいのか、ほかにもいろんな都市宣言があろうかと思いますが、そういうことも含めて実効性のあるタイミングでこの計画策定の過程で検討を積み重ねていきたいというふうに思っております。」と答弁。

櫻井市長の答弁にあるように、現在、環境基本計画の策定中であり、国会での決議も踏まえるなら今まさに「気候非常事態宣言」のタイミングではないか。

昨日の教育民生委員会協議会で、第2次亀山市環境基本計画の中間案の説明を受けた。
来年1月頃には、最終案がまとまる予定。

櫻井市長の答弁にあるように、現在、環境基本計画の策定中であり、国会での決議も踏まえるなら今まさに「気候非常事態宣言」のタイミングではないか。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)