活動日誌−服部こうき

【20.11.20】総合計画審議会 公募の委員を増やすべきでは?

15人の審議会なら公募委員をもっと増やすべきではないか、条例には公募委員の定員は規定されていないのだから。

現在、市は総合計画の審議委員を公募中だ。
亀山市総合計画条例の「第5章 総合計画審議会」では次のように規定している。
『(組織)
第15条 審議会は、委員15人以内で組織する。
2 委員は、次に掲げる者のうちから市長が委嘱する。
(1) 公共的団体等の代表者
(2) 知識経験を有する者
(3) 公募により選出された者
(4) その他市長が必要と認める者
3 委員の任期は、その者の調査審議に係る亀山市総合計画の決定の日までとする。』

このうち(3)公募により選出された者の規定により、市は3人を募集中だ。
しかし15人の審議会なら公募委員をもっと増やすべきではないか、条例には公募委員の定員は規定されていないのだから。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)