活動日誌−服部こうき

【20.05.15】「1人10万円」の給付申請 添付書類でコピーが必要だが、コピーを取りに行けない高齢者もいる

コンビニまで行けない人や地域にコンビニがないところもある。

18日から「1人10万円」の給付申請書が各家庭に郵送される。
添付書類として「本人確認」の保険証などのコピーや金融機関の口座番号などがわかる通帳のコピーが必要になるが、民生委員さんに聞くと、見守りをしている高齢者でコピーが取れない方がいるという。
(通帳のコピーについては親切な自治体では、通帳のどこをコピーするのか書いてあるところもあるが、確かに通帳全てをコピーするのかと勘違いする人もいるかもしれない。)

総務省のHPでは、「コピーは近くのコンビニで」などと書いてあるが、コンビニまで行けない人や地域にコンビニがないところもある。

民生委員さんの話では、「地区コミュニティセンターでコピーができればいいのに」という声もあるという。
早速、市にこうした高齢者が困らないように対応するよう要望した。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)