活動日誌−亀山市議団

【20.02.06】公開中の映画「AI崩壊」 映画を現代への警告と受け止めたい

人間でなくAIが面接する時代が来るとは一昔前には考えられないことでした

外は雪がちらついています。
初雪でしょうか。

以下は赤旗の「きょうの潮流」より。
『公開中の映画「AI崩壊」は“怖い”映画です。
舞台は10年後の日本。
少子高齢化はさらに進み、国家は崩壊寸前。
人工知能であるAIが全国民の個人情報や健康を一括管理しています。
そのAIが突如暴走し、年齢、年収、病歴などを基に命の選別を始めた…

▼架空の設定ですが全くの絵空事とも言い難い。
現実の世界でもAIは、さまざまな場面で活用されています。

例えば就職試験。
人間でなくAIが面接する時代が来るとは一昔前には考えられないことでした。

対応を誤れば先端技術が人類の脅威になりうる。

▼一方でAIによる差別も問題に。
2018年には米アマゾン社のAIを活用した採用システムに偏りがあったことが判明。
AIに過去10年の採用実績を学習させたところ、過去にならい、女性を低く評価したのです

▼元日放送のNHKスペシャル「未来への分岐点」はAIの軍事利用を報じました。
ロシアの企業がAI兵器「カミカゼ・ドローン」を開発。
米国はAI兵器の実戦配備を発表。
中国もAIの軍事・民間活用で世界の頂点に立つと宣言。
いずれも分岐点は10年後です。

▼番組はシリアで活動する米国人ジャーナリストがドローン攻撃を受けたと伝えました。
通話記録や位置情報の解析からAIにテロリストと判断された、と米政府を訴えています。
米国家安全保障局から流出したとされる機密ファイル“キル(暗殺)リスト”の存在も。
彼を支援する人権団体が情報開示を求めています。

▼対応を誤れば先端技術が人類の脅威になりうる。
映画を現代への警告と受け止めたい。』

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)