活動日誌−亀山市議団

【20.01.21】億万長者2153人が持つ富は世界の6割46億人が持つ富より大きい

国際団体が報告書 優遇税制など原因

以下は今朝の赤旗の記事。
『国際援助団体オックスファムは20日、2019年時点で世界の2153人の億万長者が持つ富は、世界人口の6割にあたる46億人が持つ富の合計よりも大きいとする報告書を発表しました。
経済格差が広がる原因として、富裕層や大企業向けの優遇税制などとともに、ジェンダーの不平等があると指摘し、それらを是正することが必要だと強調しています。

 報告書は、世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)が21日、スイス東部ダボスで開幕するのに先立って発表されました。

 報告書は「超富裕層とその他の人々の格差は想像を絶する規模になっている」として以下のような実態を紹介しました。
一握りの富裕層がいる一方で、世界人口の約半分は1日5・50ドル(約606円)以下で生活しています。

最も裕福な1%の人たちの富に今後10年間で0.5%追加課税するだけで、教育、医療、高齢者介護などの分野で1億1700万人の雇用を創設するのに必要な投資額と同じになる

(1)2153人の億万長者が持つ富は、その他の46億人が持つ富の合計よりも大きい。
(2)世界で最も裕福な1%の人たちは、その他の69億人が持つ富の合計の2倍以上の富を持っている。
(3)世界で最も裕福な22人の男性の富の合計は、アフリカのすべての女性が持つ富よりも大きい。
(4)最も裕福な1%の人たちの富に今後10年間で0.5%追加課税するだけで、教育、医療、高齢者介護などの分野で1億1700万人の雇用を創設するのに必要な投資額と同じになる。
《オックスファム報告書から》(以下省略)』

国民の経済格差をなくすためには、富裕層や大企業向けの優遇税制をただすしかないということだ。


▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)