活動日誌−服部こうき

【20.01.10】リニア「南アルプストンネル内で立往生する事態が起きたときの安全対策に不備がある」 まぐまぐニュース

リニアの抱える問題を報道しない「日本のジャーナリズムの劣化」

「まぐまぐニュース」が「墜ちた日本のジャーナリズム」と題した小川和久氏の記事を載せている。
内容はリニアの抱える「乗客の安全確保への懸念」に対して何も報道しないマスコミへの批判だが、内容はリニアの抱える問題点を指摘しているので紹介したい。
見出しは、「リニア乗客の安全問題に切り込まず。堕ちた日本のジャーナリズム」
『2027年の品川・名古屋間の開業に向け工事が進むリニア中央新幹線。
開業後、約25kmに及ぶ南アルプストンネル内で立往生する事態が起きたときの安全対策に不備があると、メルマガ『NEWSを疑え!』の共著者の一人、西恭之・静岡県立大学特任助教が訴えたのは今年7月初めのことでした。
この問題について、静岡県知事が10月11日に言及。
しかし、問題意識を持って追取材に動いたマスコミは現時点で確認できていないようです。
メルマガ『NEWSを疑え!』主宰者である小川和久さんは、こういった現状に接し、日本のジャーナリズムの劣化を嘆きます。

静岡県内の場合、乗客は緊急停車したリニア中央新幹線から斜坑を3キロ以上歩いて2個所の非常口から地上に出ることになっていますが、まず、元気な人間でなければたどり着くのは難しいほどの勾配と距離です

今年7月1日号のテクノ・アイ(西恭之・静岡県立大学特任助教)を憶えていらっしゃるでしょうか。
建設中のリニア中央新幹線について、地震や停電時の乗客の避難対策の不備を指摘したものです。

静岡県内の場合、乗客は緊急停車したリニア中央新幹線から斜坑を3キロ以上歩いて2個所の非常口から地上に出ることになっていますが、まず、元気な人間でなければたどり着くのは難しいほどの勾配と距離です。

たどり着いたとしても、非常口は標高1000メートル以上の高さにあり、そこから下山しようとしても標高1000メートル以上の高地を避難所が設けられる可能性のある場所まで、10キロ以上を歩かなければなりません。
冬などであれば、東京や名古屋の服装のままの乗客が寒さから命を落とす危険性は明らかです。

しかも、南海トラフ地震や東海地震が起きた場合、緊急停車したリニア中央新幹線の乗客に対して、自衛隊を含めて、災害対応で大わらわの行政組織の手が回るとは思われません

しかも、南海トラフ地震や東海地震が起きた場合、緊急停車したリニア中央新幹線の乗客に対して、自衛隊を含めて、災害対応で大わらわの行政組織の手が回るとは思われません。
救援の手はさしのべられないと思わなければならないのです。(以下省略)』

この後、このことを報道した新聞がほとんどないことを指摘し、乗客の安全というこれほど重要な問題を取り上げないマスコミを「日本のジャーナリズムの劣化」と指摘している。

ここで取り上げられているトンネル内での乗客の避難については、私も何度か書いてきた。
乗客の命を預かる事業者なら真剣に考えるべきことだし、それをやらない事業者には厳しい批判がなければならない。

亀山市はリニアを推進しているが、将来市民がリニアを利用してこういう事態に遭遇した場合、安全が確保されるのかどうかだ。
櫻井市長は、リニアを推進する前にこうした問題に答えて欲しいものだ。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)