活動日誌−服部こうき

【19.10.06】リニア工事で静岡県外に湧水流出 県とJR東海の議論紛糾

難波喬司副知事は「湧水が県外に一定期間流出すれば、大井川水系の総量が減るのは間違いない」と反発し、議論は紛糾した

関電の「原発マネー還流」問題で、他の電力会社も同様のことがないか調査したという。
中部電力は、「華美なものはなかった」としたが、関電が1着50万円のスーツ仕立て代を「儀礼の範囲」と述べたように一般常識とずれており、中電にとって何が「華美なもの」なのかを明らかにしてもらわないと納得できない。

リニア工事だがこの間、静岡県の水問題を何度か取り上げてきた。
昨日の毎日新聞に4日に開かれた意見交換会の記事が載ったので紹介したい。

「リニア中央新幹線工事に伴う大井川の流量減少問題で、有識者とJR東海の意見交換会が4日、静岡県庁で開かれた。
南アルプストンネル工事の一定期間、県外に流出する湧き水について、JRは「湧水(ゆうすい)の一部が流出しても大井川の流量は減少しない」と主張。
難波喬司副知事は「湧水が県外に一定期間流出すれば、大井川水系の総量が減るのは間違いない」と反発し、議論は紛糾した。

JR側は「地下水を含めて水系がどこまでかは難しい。地下水が(静岡側か山梨側か)どちらに流れているかは分からない」と発言

JRは山梨県境付近のトンネル工法として、新たに2案を提示した。
だが、「突発的な湧水が発生した場合、ポンプ設備でくみ上げても水没する危険性があり、作業員の安全性に問題がある」などと説明し、安全性や技術的に困難とした。
トンネル本坑より先に、断面の小さい先進坑を貫通させ、先進坑を活用してくみ上げた湧水を静岡県側に戻すのが現実的とした。

 大井川水系の総量減少を指摘した県側に対し、JR側は「地下水を含めて水系がどこまでかは難しい。地下水が(静岡側か山梨側か)どちらに流れているかは分からない」と発言。
難波副知事は「分からないなら調査して、評価してほしい」と求めた。

 終了後の取材に難波副知事は「私はあきれた。県境付近の水がどちらに行っているか分からないと言い出したら、一からやり直し。とんでもない発言で対話のしようがない」と反発。
新美憲一・JR東海中央新幹線推進本部副本部長は「他の工法と比較して分かりやすく説明したつもり。利水者への影響は少ないことを申し上げたかった」と述べた。」

水問題がどうなるのかわからないままの着工はあり得ない。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)