活動日誌−亀山市議団

【19.10.04】市がHPで見解を表明 「公立・公的病院の再編・統合の公表に関する亀山市立医療センターの見解について」

櫻井市長は「今日、議員のみなさんに述べたことを市民向けにコメントを発表する」と答弁

厚生労働省が突然、実名をあげて「公立・公的病院の再編・統合」を打ち出したことはすでにこのHPで書きました。

このことがマスコミで報道された翌日、たまたま9月議会の本会議(最終日)があり、議会では急遽全員協議会を開催し、市から説明を受けました。

その時に議員側からマスコミの報道で市民に不安が広がるおそれがあるので、早期に市のコメントを明らかにすべきだとの指摘がされました。
櫻井市長は「今日、議員のみなさんに述べたことを市民向けにコメントを発表する」と答弁しました。

その直後、伊勢新聞で報道されましたが、今回、市のHPでの発表となったのです。

地域の実情やこれまでの取り組みが考慮されず、机上で整理され選定されたもの

市のコメントは次の通り。

「公立・公的病院の再編・統合の公表に関する亀山市立医療センターの見解について」
「このたび、厚生労働省より全国の公立・公的病院の再編・統合に関する公表があり、その対象の一つとして当医療センターが含まれておりました。
 これにつきましては、地域の実情やこれまでの取り組みが考慮されず、机上で整理され選定されたものであります。
 今後とも当医療センターとしては、引き続き地域医療の担い手として、その公の役割を果たしてまいりますので、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
                                                      亀山市病院事業管理者 地域医療統括官 伊 藤 誠 一」

党議員団は、市のコメントの通り進められるよう引き続き取り組みます。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)