活動日誌−亀山市議団

【19.09.27】厚生労働省 病床削減へ病院名を公表 市立医療センターも 住民の声、無視

実名をあげることで都道府県に対象医療機関の扱いの結論を出すことを迫り、病床削減による医療費削減を進める狙いのようです

突然のことで驚きました。
厚生労働省は26日、病床削減の「目標達成」のため、全国の公立病院と赤十字、済生会といった公的病院のうち、「再編統合の議論が必要」と位置づけた424の医療機関の実名を初めて公表しました。
実名をあげることで都道府県に対象医療機関の扱いの結論を出すことを迫り、病床削減による医療費削減を進める狙いのようです(ただし、強制力はありません)。

厚生労働省は「高度急性期」や「急性期」病床を持つ全国1455の公立病院や公的医療機関などの診療状況を分析し、がんや脳卒中、救急医療などに関して/芭甜太咾特に少ない、∋たような診療実績を持つ医療機関が近くにある−のいずれかに当たる場合、実名を公表した上で、統合再編に関する議論を行うよう求めています。

亀山市立医療センターの名前もあげられています。

地域の実情や住民の声を踏まえることなく機械的な分析によって、「統廃合再編」の対象となる医療機関を選定

しかし、地域の実情や住民の声を踏まえることなく機械的な分析によって、「統廃合再編」の対象となる医療機関を選定しました。

厚生労働省は、現地に来ることも聞き取りをすることもなく、データだけをもとに機械的に分析し公表したものです。

そもそも亀山市立医療センターが現在のような厳しい事態になった最大の原因は医師不足です。
国が医学部の定員を増やすなど十分な医師の確保をしてこなかったため、医師の絶対数が不足しているのです。

そうした自らの責任を棚にあげて机上の機械的な分析だけで「再編統合」を迫ることは許せません。

今日はとりあえず報道された範囲で記事を書きました。
今後もお知らせしていきます。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)