活動日誌−服部こうき

【19.08.10】最低賃金が決まる 三重県は27円アップの873円

中央最低賃金審議会から示される引上げ額の目安を参考にしながら、各都道府県の地方最低賃金審議会での地域の実情を踏まえた審議・答申を得た後、異議申出に関する手続きを経て、都道府県労働局長により決定

暑い日が続いている。
テレビでは猛暑に対して「無駄な外出は控えて」、「激しい運動は避けて」など熱中症への注意を呼びかけている。
ところがテレビをつけると甲子園での高校野球が「堂々と」放送され、私が見た数少ない試合でも二人の選手が足がつり、熱中症と診断された(グランド上は40度を超えているだろう)。
あらゆるマスコミが熱中症の危険性を繰り返し呼びかけながら甲子園の高校野球には何も言わない。
何も言わないどころか美化しているものもある。
こんな異常な姿がいつまで続けられるのか。

前置きが長くなったが、最低賃金が決まった。
最低賃金の決め方は、厚生労働省のHPによれば次の通り。
「最低賃金は、公益代表、労働者代表、使用者代表の各同数の委員で構成される最低賃金審議会において議論の上、都道府県労働局長が決定しています。
 具体的には、中央最低賃金審議会から示される引上げ額の目安を参考にしながら、各都道府県の地方最低賃金審議会での地域の実情を踏まえた審議・答申を得た後、異議申出に関する手続きを経て、都道府県労働局長により決定されます。」

これをベースにすると今回の最低賃金が873円なのでこれに118円を加えた給食調理員の時間給は991円になる

報道によれば三重県は27円アップの873円。

市はこの最低賃金をもとに10月以降の非常勤職員の時間給を決める。
6月議会で給食調理員の安すぎる時間給を取り上げたが、この時に紹介した10年前の2009年の三重県の最低賃金は702円。
市の給食調理員はそれより118円高い820円(現在は870円)。

これをベースにすると今回の最低賃金が873円なのでこれに118円を加えた給食調理員の時間給は991円になる。
ほぼ1,000円だ。
市がどんな額を示すのか注視したい。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)