活動日誌−服部こうき

【19.07.31】国保税の納税通知書が届く 前年度より37,000円、7、4%のアップ

公費1兆円を投入すれば、均等割と平等割で109,200円の引き下げになる

ここ二晩ほど暑くて十分な睡眠が取れない。
この暑さはもうしばらくは続くようだ。

国保税の今年度の納税通知書が届いた。
3月議会で値上げがされたので昨年度より年間37,000円の負担増で、率にすれば7.4%のアップだ。
内容としては資産割がなくなったのでその分は減ったが、その穴埋めに所得割と均等割が増えた。
妻と二人世帯の計算だが、妻が65歳以上になり介護分はなくなっても増額になった。

この間の選挙でも訴えたが、公費1兆円を投入し均等割と平等割をなくせば、大幅に保険税が引き下げられる。
私の場合でも均等割と平等割で109,200円あり、その分が引き下げられる。
ぜひとも実現させたい。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)