活動日誌−亀山市議団

【19.07.01】 “大阪城エレベーターはミス” G20夕食会 安倍首相発言に批判

バリアフリーに逆行

 「これが来年オリンピック、パラリンピックを控えている国の総理の言葉ですか」「バリアフリーを笑い話にしようとしても、誰も笑わない」…。

 G20大阪サミット夕食会のあいさつ(28日)で大阪城の復元にふれた安倍晋三首相の一言に批判が相次いでいます。
復元時に「一つだけ大きなミスを犯してしまいました。エレベーターまでつけてしまいました」と言ったのです。

 ツイッター上では、精神科医の香山リカさんが「障害者排除&寒いギャグ」と発信。
亀井伸孝愛知県立大学教授も「バリアフリーの世界的すう勢に逆行する」と述べました。

 障害者差別解消法では、内閣総理大臣は、障害を理由とする差別の解消を推進する基本方針をつくる責任者として位置付けられています。

あまりに不勉強

 渡辺武・元大阪城天守閣館長の話 

あいさつの全文を読みましたが、大阪の歴史について古代から近代まであまりに不勉強で驚きました。

 もともと大阪城天守閣は、豊臣時代の外観を模擬復興し、中は近代的な歴史博物館としての機能をもたせるというものでした。
エレベーターの設置は、当時としては画期的でした。
身体の不自由な方も高齢の方もだれもが登れるようになりました。

 現在、大阪城天守閣は、地域にとけこみ今後も地域を代表しうる近代建築として、登録有形文化財に指定されています。
首相はそういうことを勉強してもいない。あまりにも粗雑なあいさつです。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)