活動日誌−亀山市議団

【19.06.21】「減らない年金」へ 高額所得者優遇の保険料見直せ

志位委員長  「マクロ経済スライド」をやめ、「減らない年金」にあてる約1兆円の財源を提案。老後の生活を支えられない貧しい年金の現実を直視し、安心の年金へ変えるために政治の責任を果たすよう求めました

「年収1000万円を超えると保険料が増えないという高額所得者優遇の保険料のあり方をただすべきだ」―。
日本共産党の志位和夫委員長は19日の党首討論で、「マクロ経済スライド」をやめ、「減らない年金」にあてる約1兆円の財源を提案。老後の生活を支えられない貧しい年金の現実を直視し、安心の年金へ変えるために政治の責任を果たすよう求めました。

夫婦の老後資金が公的年金以外に2000万円必要とした金融庁の報告書で年金不安が広がっています。
 志位氏は「年金への不安はこれにとどまるものではない」として、「マクロ経済スライド」による給付水準の引き下げによって平均的な高齢夫婦世帯で月額4万3000円、30年間で約1600万円も年金が減らされることを指摘。
「マクロ経済スライド」廃止を「無責任で、ばかげた政策」と言い放った安倍晋三首相に対し、「いまでさえ老後の生活を支えられない貧しい年金を、『マクロ経済スライド』を続けて、さらに貧しい年金にしてしまうことこそ、無責任で、ばかげた政策だ」ときびしく批判しました。

今の年金保険料は年収で約1000万円を超えると保険料が増えない仕組みになっています

 そのうえで、志位氏は「『マクロ経済スライド』を中止しても、給付と負担のバランスをとる手だてはいくつもある」と強調。
その手だての一つとして志位氏が提案したのが、高額所得者優遇の保険料のあり方をただすことです。

 今の年金保険料は年収で約1000万円を超えると保険料が増えない仕組みになっています。
志位氏は「約1000万円の上限額を、健康保険と同じ約2000万円まで引き上げる。このことによって約1・6兆円の保険料収入が増える。そのさい、アメリカがやっているように高額所得者の年金給付の伸びを抑制する仕組みを入れる。そうすれば、それによる給付増分を差し引いても、毎年、約1兆円保険料収入を増やすことができます。この1兆円を、『マクロ経済スライド』をやめ、『減らない年金』にする財源にあてる。これが私たちの提案です」とのべ、「高額所得者優遇の保険料のあり方をただすべきではないか」と首相の立場をただしました。

安倍首相 「マクロ経済スライドをやめるという考え方はばかげた案だ」と繰り返しました

 ところが、安倍首相は、志位氏の質問にいっさい答えないまま、「マクロ経済スライド」についての従来の説明を繰り返したあげく、志位氏の提案を日本共産党の「くらしに希望を―三つの提案」の財源提案と勘違いして意味不明な答弁に終始。
「マクロ経済スライドをやめるという考え方はばかげた案だ」と繰り返しました。

 志位氏は、「『減らない年金』にするための具体的提案をやったのに、答えが一切ない」と厳しく批判しつつ、「マクロ経済スライド」をやるということは年金の水準を減らすということだとして、「いま政治に求められているのは、貧しい年金の現実を直視し、安心の年金に変えるための責任を果たすことであり、(金融庁の)報告書を隠ぺいすることではない」と強調しました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)