活動日誌−亀山市議団

【19.06.20】安倍首相は、せめて事実に基づいた答弁を

7兆円の財源は、年金だけではなく暮らしを応援する政策全体

昨日は党首討論があった。
志位委員長も5分程度だったが質問をした。
その時のことを端的に書いたのが次の一文。

『首相はせめて事実に基づいた答弁を。

安倍首相「共産党の主張はマクロ経済スライドを廃止して…将来の受給者の給付を減らないようするには、7兆円の財源が必要だ」
志位和夫 委員長「7兆円というのは、私達の暮らしを応援する政策のパッケージでやる財源の問題」
安倍首相は、人の話を理解できるようにしてほしい。』

また、「ばかげた案だ」等と言って逃げずに、どこがどう馬鹿げているのか反論すべきだ。
それとも反論できないのか。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)