活動日誌−服部こうき

【19.06.12】金融庁のワーキングからの報告  「受け取らないからもうない」 こんなことはあり得ない

この報告は、安倍首相の諮問を受けて答申を出すためにまとめたもので、いわば食堂で注文をしておいて料理が届いたら「私の好みにできあがっていないのでいらない」と言っているようなものだ

辞書を引くと次のように書いてある。
『諮問 とは、行政の方から審議会にお伺いを立てることです。
答申 とは、その諮問について審議会が検討を重ねて結論を出し、行政に対して回答することです。』

安倍首相が諮問をし、審議会のワーキングからの報告がされたのを政府は受け取らないという。
そして「受け取らないからもうない」とも言う。

この報告は、安倍首相の諮問を受けて答申を出すためにまとめたもので、いわば食堂で注文をしておいて料理が届いたら「私の好みにできあがっていないのでいらない」と言っているようなものだ。

こんな馬鹿げたことを平気でやる政府、もう続けさせるわけにはいかない。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)