活動日誌−服部こうき

【19.03.08】「国保には構造的な問題がある」 昨日、質疑した2人の議員が指摘

首相も櫻井市長も認める国保の構造的な問題

昨日の議案質疑で、森美和子議員と岡本議員が国保の問題を取り上げたが、共通していたのは国保には構造的な問題があるということだ。

代表質問で私は次のように指摘した。
『2月7日の国会で安倍首相も「確かに高齢化の進行や無職・非正規雇用労働者など低所得加入者が増加するなどの構造的問題がある」と認めています』

首相も櫻井市長も認める国保の構造的な問題。
被保険者への国保税の値上げでは解決しないということだ。

やはり全国知事会が政府に求める「公費の1兆円の投入」こそ急務だ。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)