活動日誌−亀山市議団

【19.02.04】亀山社保協がタクシー券の継続を求める署名を櫻井市長に手渡した 集まった署名数は4,235筆にも

櫻井市長は「確定的なことは言えないが、最善の判断をしたい」と述べた

亀山社会保障推進協議会が年末に呼びかけた「高齢者タクシー料金助成制度の継続、改善を求める署名」ですが、昨日までに集約した署名4,235筆を今日の午後、林友信会長から櫻井市長に手渡しました。

亀山社保協の申し入れに対して櫻井市長は、「署名の願意は受け止めさせてもらう。
議会の決議も含め、考え方を整理したい。
(来年度の予算を編成中なので)確定的なことは言えないが、最善の判断をしたい。」と前向きな答弁をしました。

来年度予算案は18日に議会に説明されますのでこの時に明らかになります。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)