活動日誌−服部こうき

【18.12.04】議案質疑では、亀山駅周辺整備事業や鈴鹿農協の葬祭場問題に集中

一般質問では、乗合タクシー制度を取り上げるのが5人と最も多い

質疑・質問の通告が出そろい、今日は執行部による聴き取りがあった。
本会議は来週10日から始まるが、議案質疑が8人、一般質問が15人。
議案質疑では、亀山駅周辺整備事業を取り上げるのが5人、鈴鹿農協の葬祭場問題を取り上げるのが5人、幼稚園、小学校へのエアコン設置を取り上げるのが3人となっている。

一般質問では、乗合タクシー制度を取り上げるのが5人と最も多く、市民の関心が高いことの現れだ。
次に入札での贈収賄事件が3人とこれも多くなっている。

新人の質問も注目されるが、二人の新人がリニア問題を取り上げている。
10日が議案質疑、11日〜13日が一般質問。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)