活動日誌−服部こうき

【18.11.09】今日は来週の臨時議会での正副議長の選挙に向けた候補者の所信表明があった

注目したのは、候補者が「議会として条例提案をする」ことなどを熱く語ったことだ

来週には臨時議会が開かれ、改選後最初の正副議長の選挙が行われる。
それに先立ち今日、候補者の所信表明演説が行われた。

注目したのは、候補者が「議会として条例提案をする」ことなどを熱く語ったことだ。
選挙前に新聞記事で亀山市議会は議員による条例づくりや条例案の提案がないことが課題だと書かれた。

つまり、毎年各常任委員会で「調査研究」はやられているが、政策提言まででその提案を条例作りにまで進めることはできていない。
また、市が提案した条例案を議会が全会一致で修正可決したことはあったが、一から条例を作ったことはない。

奇しくも複数の候補者から提案がされたので、今期の大きな課題となるだろう。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)