活動日誌−服部こうき

【18.10.12】忙しい時だからこういう話題も 時代劇「雲霧仁左衛門」

江戸時代の盗賊だが、決して人を殺さない、知らない間に大金を盗んでしまうというところがいい

子どもの頃、隣に住む叔父に連れられてよく映画を見に行った。
当時、新町座と亀劇(亀山劇場?)という映画館があり、時代劇をよく見た。
記憶にあるのは市川雷蔵で、ニヒルで格好良かった。
そんな影響もあり今でも時代劇は好きだ。

特にNHKBSの時代劇をよく見る。
今は中井貴一主演の「雲霧仁左衛門」が面白い。
江戸時代の盗賊だが、決して人を殺さない、知らない間に大金を盗んでしまうというところがいい。
また、この盗賊を捕らえようとする火付盗賊改方(火付け盗賊改め方)の安倍式部との駆け引きも面白い。

忙しい時だからこういう話題もよかろう。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)