活動日誌−服部こうき

【18.10.01】安倍政権に「神風」は吹かなかった 沖縄県知事選 翁長氏より3万票増やした玉城デニー氏

佐喜真氏に8万票の差をつけたいわば「圧勝」だ

今後の沖縄や安倍政権の行方を左右する沖縄県知事選で、翁長氏の後継者である玉城デニー氏が39万6千票を獲得し、初当選した。
この得票は、前回選挙で翁長氏が得た36万票を3万票上回った。
佐喜真氏に8万票の差をつけたいわば「圧勝」だ。

この選挙は台風24号が大きな影響を与えた。
予報で投票日に沖縄を直撃するという話が出た際に、佐喜真陣営では「神風が吹く」といったようだ。
つまり浮動票に期待できない陣営では、浮動層が当日投票する投票率が低い方がいいと踏んだようだ。
結果は台風がスピードをあげたため、投票日には台風は過ぎた後だった。
新聞各紙が書いているように安倍政権への手痛い打撃となった。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)