活動日誌−服部こうき

【18.07.27】来年度もまた、図書館司書(正規職員)の採用はなし 本気で新しい図書館をつくる気があるのか

強引な組合設立の動きとこのギャップをどう説明するのか

市の平成31年度の職員採用計画が発表されたが、図書館司書の採用はゼロ。
新しい図書館の計画では、今より多くの正規の司書職員が必要になるが、一体いつ採用するのか。
新しい図書館ができても非常勤職員で運営するのか、何を考えているのか全くわからない。

それとも亀山駅周辺整備事業ができるかどうかわからないので採用に踏み切れないのか?

強引な組合設立の動きとこのギャップをどう説明するのか、聞きたいものだ。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)