活動日誌−服部こうき

【18.06.13】今朝の“交通権”の記事でメールをもらった

道路を行政が整備することそのものが、生存権保障である

今朝の“交通権”の記事でメールをもらったので紹介。

『交通権の考え方を読みながら、道路を行政が整備することそのものが、生存権保障であるということを教えられました。
行政サービスを受けるための移動コスト(時間と費用)をどう公平に保つかという課題でもあるのですね。
まちづくりの中にそのような視点を入れて、生活していくために必要な移動する権利を保障していくための交通政策ととらえないといけないということですね』

その通りですね。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)