活動日誌−服部こうき

【18.05.26】加太に風力発電機が設置されるとこんな感じに シミュレーションです

加太の自然や景観が一変することは容易にわかる

加太の風力発電機の設置についてよく聞かれるのが、加太の山のどこにできる計画なの?ということだ。
そこで加太の自然を守る会に人に聞いてみたら写真のようなシミュレーションを送ってくれた。

上の写真は、加太の板屋インターチェンジ付近から見た合成図。
あくまでも計画案に基づいたイメージ図。
名阪国道を走るトラックと比べるとその巨大さがわかる。

それにしても大きなものが山の上にできて景観が様変わりになるのが良くわかる。
現在でも送電線と鉄塔が建っている所があるが、あの高さよりはるかに高い。

加太の自然や景観が一変することは容易にわかる。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)