活動日誌−服部こうき

【18.02.06】国会答弁のひどさ 「このようにして笑いのめすしか、扱いようがないのだろう」

安倍首相の答弁は長々と喋ってもまるで答えになっていない

ネットを見るとなかなかユーモアのあるコメントがある。

まず、松尾貴史さんが安倍首相の国会答弁を次のように皮肉っている。
『え先程来ですね、ずっとですね、聞かれた事に答えないという、まさに時間の浪費をするばかりのですね、ごまかしの状況において、いわばですね、いわば日本語がですね、通じているのか、という事すら危ぶまれる状況にあるわけでありまして、まさにですね、しっかりと、取り組んでいないわけであります。』

これに対して山口二郎さんは、『国会における議論の崩壊は、このようにして笑いのめすしか、扱いようがないのだろう。それはそれで、救いがたい話だが』

もう一つはみなとかおるさんのテレビCMを使った皮肉。
『「兄さんは安倍政権のいいところを知らないんだ。」
「兄さんが知らないわけないだろう?」
「じゃあ、安倍政権のいいところを言ってみてよ!」
「兄さんが、う、嘘八百言うわけないだろう。ええと。」
「やっぱり兄さんは言えないんだ。」』

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)