活動日誌−服部こうき

【18.01.22】朝からビッグなニュース 沖縄・南城市長選 瑞慶覧氏が初当選 古謝氏に65票差

2月の名護市長選、秋の県知事選の前哨戦として注目された

任期満了に伴う沖縄県の南城市長選は21日投開票され、無所属新人の瑞慶覧長敏氏(59)=社民、共産、社大、自由、民進推薦=が、無所属現職の古謝景春氏(62)=自民、公明、維新推薦=に65票の僅差で初当選した。
1万1千票台での65票差だから選挙というのは怖いもの。

2月の名護市長選、秋の県知事選の前哨戦として注目された。
今年の沖縄は選挙年で、県知事選をはじめ多くの自治体で選挙が予定されている。

自民・公明の政権与党は、この南城市長選で勝利し弾みをつけて名護市長選に臨みたかったようだが出鼻をくじかれた格好だ。

1月28日告示、2月4日投票の名護市長選がますます大事になってくる。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)