活動日誌−服部こうき

【18.01.22】反響が多い 自治会連合会長のあまりにも多い委員会等の委員

本当に市民の意見を聴いて市民全体でつくりあげたいのならまず、人選を考え直すべきであり、会合の回数も市が予定した回数を押しつけるのではなく、参加者の意見で決めるべきだ

自治会連合会長のあまりにも多い委員会等の委員という記事に対する反響は予想以上です。
過去に委員会の委員になった人からは、報酬が日額7,100円出るからやめられないのではないかという意見や、議論を深めるためにもっと会合の回数を増やすように求めても聞き入れてもらえなかったことなど様々な意見が寄せられている。

そして結局は、「市のやっているアピールや、第3者の意見を聞いたというような言い訳の為の会議」だという意見で落ち着く。

本当に市民の意見を聴いて市民全体でつくりあげたいのならまず、人選を考え直すべきであり、会合の回数も市が予定した回数を押しつけるのではなく、参加者の意見で決めるべきだ。
そういう改革をしない限り、市の「市民の声を聴きました」というアリバイ作りと言われても反論のしようがない。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

福沢みゆきフェイスブックページへ

RSSフィード(更新情報)