活動日誌−亀山市議団

【17.10.24】野党勢力の候補一本化が実現した北海道や新潟などでは野党候補が勝利

日本共産党が候補者を立てなかった83の選挙区のうち32選挙区で共闘する立憲民主党、社民党、無所属の候補者が勝利

今回の総選挙では、市民と野党の“共闘効果”が発揮された選挙となりました。

 日本共産党は、安倍政権打倒の大局に立って小選挙区で党候補者を取り下げるなど野党勢力の候補者一本化の実現に努力。
日本共産党が候補者を立てなかった83の選挙区のうち32選挙区で共闘する立憲民主党、社民党、無所属の候補者が勝利しました。
この他、22選挙区で比例復活で当選しました。

 12選挙区がある北海道では、「戦争させない市民の風・北海道」と日本共産党、立憲民主党、社民党の3野党が政策協定と選挙協力を結びたたかうなかで、5選挙区で勝利しました。
メディアは「選挙区すべてで実施した共産党との共闘が奏功」(「毎日」北海道版23日付)と報道。

また6選挙区がある新潟県では、5選挙区で候補者を一本化して3選挙区で勝利し、地元紙・新潟日報23日付は「野党共闘 1強に風穴」「野党共闘の効果証明」とその結果を大きく報じました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)