活動日誌−亀山市議団

【17.10.07】289小選挙区のうち、市民と野党の共闘候補240超 小池書記局長会見 共産党に一本化は160超

一本化した小選挙区の「共闘」候補の所属の内訳は、ほかに、立憲民主党が約40人、社民党が13人、無所属が約20人、新社会党が1人となる見通しです

以下は今朝の新聞赤旗より。
『日本共産党の小池晃書記局長は6日、国会内で記者会見し、衆院選の小選挙区(289)で、安保法制=戦争法廃止、憲法9条改定反対など「市民と野党の共闘」の立場に立つ候補が240を超える選挙区で一本化され、そのうち共産党候補に一本化された選挙区が160を超える見込みであることを発表しました。
また、比例代表の第5次候補10人を発表。これで比例代表候補は計65人となりました。

 一本化した小選挙区の「共闘」候補の所属の内訳は、ほかに、立憲民主党が約40人、社民党が13人、無所属が約20人、新社会党が1人となる見通しです。
 小池氏は「希望の党の誕生という逆流が持ち込まれる中でも、希望の党に合流しないみなさんが共闘の旗を守り続ける立場で努力した結果、全体として力を合わせてたたかっていく体制ができた」と強調。
「共闘の旗をしっかり掲げて、安倍自公政権とその補完勢力である希望・維新に痛打をあびせるために頑張っていきたい」と決意を表明しました。

 小池氏は日本共産党が64の小選挙区で候補者を取り下げたことにもふれ、「大義のために決断していただいた候補者、合意をつくるために奮闘されたみなさんに、心からの感謝と敬意を申し上げたい」と表明。
小選挙区への立候補を取り下げた候補者の方には、比例単独候補として奮闘することもお願いしたと述べました。

 日本共産党は、小選挙区での勝利をめざすとともに、「選挙戦の軸は、あくまで比例代表選挙」として、全ブロックで議席増を達成するために全力をあげています。
 小池氏は会見で、比例名簿登載順位を発表しました。』

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)