活動日誌−服部こうき

【17.10.01】希望の党の本当の姿が見えてきた 安倍に対抗するどころか応援勢力だ

こうして見ると希望の党は、安倍に対決する勢力ではなく、安倍を応援する勢力を束ねる政党だと言える

このところ、希望の党の本当の姿が見えてきている。
マスコミは安倍対小池のように描くが、政策を見ると何ら変わらない(原発ゼロを言うが具体的には何もない。それどころか電力労連を抱える連合から批判の声が聞こえないのは不思議)。

昨日は、これまで安倍政権の応援団として重要な場面で自民・公明に協力してきた“与党勢力”というべき維新の会と棲み分けで合意した(東京、大阪で候補者が競合しないようにする)。

また、民進党に対しては、安保法制=戦争法と憲法9条を含む憲法改正に対する態度で希望の党に入れるかどうかを選別するという。

こうして見ると希望の党は、安倍に対決する勢力ではなく、安倍を応援する勢力を束ねる政党だと言える。
こんな党に希望どころか未来はない。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)