活動日誌−亀山市議団

【17.09.10】県内で広がる子ども医療費窓口無料化 亀山市も来年9月から予定

県内の市町では、独自で窓口無料化を行う動きが出ています

三重県は、多くの都道府県で行っている子どもの医療費窓口無料化(現物支給化)を導入していない県の一つです。
その中で、県内の市町では、独自で窓口無料化を行う動きが出ています。

 伊勢市と度会郡の玉城町、度会町、南伊勢町、大紀町の5市町は5日、未就学児の医療費を、来年9月の受診分から窓口無料化を行うと発表しました。
住んでいる市町だけでなく他の5市町で受診しても適用できます。

 同日行われた、5市町の合同記者会見で、鈴木健一伊勢市長は「窓口無料化は住民要望が強い」、「全県で一斉にするのが望ましい」と述べ、対象の拡大については「今後の課題」と話しました。
伊勢市、玉城町、度会町、南伊勢町は中学3年生、大紀町は高校3年生まで子どもの医療費は無料で、窓口無料化の引き上げが課題になります。

亀山市も3月議会の櫻井市長の答弁によれば、来年9月実施予定で検討を進めています

 日本共産党の楠木宏彦伊勢市議は「この間の運動の成果で、就学児だけだが大きな前進。引き続き中学校卒業まで範囲拡大のために頑張っていく」と語りました。

 県内では、窓口無料化を鈴鹿市が今年4月から導入し、四日市市、伊賀市、名張市は来年4月から導入予定です。

(「しんぶん赤旗」2017年9月10日付けより)

この記事には出てきませんでしたが、亀山市も3月議会の櫻井市長の答弁によれば、来年9月実施予定で検討を進めています。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)