活動日誌−服部こうき

【17.09.10】駅前再開発 駅前の人たちから「何としても」という熱意は伝わってこない

予算を執行していけば事業は進むが、「成功」の二文字は難しい

今日は朝から晴天。
息子達は早朝からソフトボールの試合に出かけた。
夕べ、寝る時には帰ってきていなかったが、どれだけ寝たのか。
若い時にしかできないことだ。

さて、議会中だが結構、市民の方はケーブルTVを見てくれている。
駅前に近い地域の人と話したが、日常的に駅前の人と接する機会が多いけれど「何としても事業を成功させたい」という強い熱意は感じられないという。

私も色々な人と話をするが同感だ。
地域が盛り上がらないから市長など理事者側に強い思いが感じられないのか、それとも市長や理事者側に熱意が感じられないから地域が盛り上がらないのか。
多分、両方だと思う。
予算を執行していけば事業は進むが、「成功」の二文字は難しい。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)