活動日誌−亀山市議団

【17.06.18】南スーダンPKO派遣隊員が帰国後自殺

自殺した隊員は昨年11月から南スーダンPKOの第11次派遣部隊に参加し、4月からの撤収部隊として帰国

南スーダンPKO(国連平和維持活動)に派遣されていた陸上自衛隊第9師団(青森市)所属の隊員が帰国後、自殺していたことが16日、防衛省への取材で分かりました。
南スーダンPKO派遣隊員の自殺が明らかにされたのは初めてです。
 自殺したのは岩手駐屯地(岩手県滝沢市)の男性施設科隊員。防衛省陸上幕僚監部によれば5月6日、静岡県富士宮市で死亡が確認されたといいます。
事件性はなく「自殺と判断している」(陸幕広報室)としています。
 自殺した隊員は昨年11月から南スーダンPKOの第11次派遣部隊に参加し、4月からの撤収部隊として帰国。
隊員の年齢、家族構成などは個人情報として「差し控える」としています。
 南スーダンPKOでは、昨年7月に現地の部隊が作成した「日報」で「戦闘への巻き込まれに注意」などと記載され、PKO参加5原則の停戦合意が破綻(はたん)し、PKO法にも違反する状況で隊員が危険にさらされていました。
 防衛省はそうした事態が進行、予測されながら戦争法(安保関連法)に基づく海外での武力行使につながる憲法違反の「駆け付け警護」「宿営地の共同防護」任務を初めて11次隊に付与していました。
 同部隊を最後に自衛隊は、南スーダンPKOからの撤退に追い込まれました(17日付赤旗より)。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)