活動日誌−服部こうき

【17.04.20】「出処進退は自分で判断を」は正しいのか 党として公認した責任はないのか

選挙で党が公認候補として有権者に投票を訴えるのだから、その人物が国会議員としてふさわしくないと党が判断すれば、議員辞職をさせるべきだ

自民党の中川政務官が辞任したが、菅官房長官は「出処進退は自分の判断で」と語った。
しかし、これはおかしい。

選挙で党が公認候補として有権者に投票を訴えるのだから、その人物が国会議員としてふさわしくないと党が判断すれば、議員辞職をさせるべきだ。

それとも今回の中川前政務官は、議員辞職する必要はないと考えているのか。
だからやめるやめないは自分で判断せよということか。

それでは有権者をあまりにも馬鹿にしている。
自民党とはそんな責任も取らないいいかげな政党なのか。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)