活動日誌−福沢みゆき

【15.07.26】合併から10年が経ったが、中学校給食は・・・

いい加減にデリバリー給食をやめ、完全給食に踏み出すべきである

合併して10年が過ぎた。
中部中学校の子も亀山中学校の子も関中学校の子もみんな大事な亀山の子どもたち。

日本中で当たり前に保障されている完全給食を、亀山の子たちみんなにしてやりたいと思わないだろうか。
デリバリーでは学校給食法が目的とする教育をするにしても困難だし、地産地消率も上がらない。
デリバリーを全員が注文しようものなら破綻してしまう、現在の一部の子たちが食べることでのみ成り立つ昼食の方法だ。

子育てしやすいまちを売りにする市として実にお寒い状況である。
いい加減にデリバリー給食をやめ、完全給食に踏み出すべきである。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)